地域の戦争体験者の方々から学ぶ〜6年社会「戦争と人々の暮らし」〜
2021/01/27

1月14日(木)に6年生の社会科の学習「戦争と人々の暮らし」で,地域にお住いの石上 良秋 様,影山 治三 様をゲストティーチャーとしてお招きして授業を行いました。 
児童の感想より
・    社会科の勉強ではこんなに詳しい内容は勉強しないので,お話を聞けて色々なことがわかりました。戦争が終わったときに「松坂屋」まで見えたと聞き,すごく怖い爆弾なんだなと思いました。昔はたいへんなことがあったということを忘れないようにしたいです。
・    静岡の街が焼夷弾によって焼け野原になってしまったことを初めて知りました。戦争について改めて知ることができました。これからの学習に生かしていきたいと思います。
・    私は,勉強もできずに朝まで兵器を作らされたという話が頭から離れません。当時の子どもたちは,朝の6時まで大人と一緒に働かされ,戦争のためだと言われ,ずっと兵器を作らされたと思うと胸が痛みます。私たちの今の生活は,とても幸せなことだと気づかされました。ありがとうございました。



ライフジャケット贈呈式・地震津波訓練[ 2020/10/29 ]
コマ回し名人に教わったよ 〜1年生活科「むかしの遊び」〜 [ 2021/01/29 ]
TOPに戻る